エッチ

TABIDACHINOASA.COM / ここで紹介しているコンテンツは性的な内容の表現が含まれています。

エッチ(えっち)

エッチ(えっち)の意味とは、日本独自の俗語(ぞくご)で性的(せいてき)に助平(すけべえ)、いやらしいことを示す。アルファベットでのHは『エイチ』の発音で区別されている。

類義語で『エロ、エロス』などの略式(りゃくしき)もある。また、性行為(せいこうい)の表現で『エッチする』などと言われるようになっている。現在の日本では『性交(せいこう)』の表現する場合、こちらの意味合いの方が強い。

言葉の語源

昭和の中期頃に『女子学生、女子高生』の間で使われ始めた隠語(いんご)で変態(へんたい)『hentai』の頭文字をとり『H』が定着したとされた説がある。その他には、同時期に朝日新聞連載の小説『白い魔魚』で使われていたのが、この言葉の流行をきっかけづくりしたと言われている。

異説について

●『horny』の意味『性欲をかきたてられる』のHに由来しているという説。

●破廉恥(はれんち)の頭文字『harenchi』からという説。

●自慰(じい)『G』の後で、愛(あい)『I』に繋がって行くので『H』という説。

●助平(すけべえ)の『助』という字の意味『help』の頭文字から、かつての大日本帝国海軍の兵士が使用していた隠語(いんご)という説。

日本経済のバブル期『1990年頃』に、明石家さんま(テレビタレント)が自ら司会のバラエティー番組で『性行為(せいこうい)』を示す言葉として多用し、後に日本中に広がりをみせ『性行為(せいこうい)そのもの』の意味としても認識された。

他国でのエッチの用法

アメリカやそれ以外の英語圏の国では、『エッチ(えっち)』の言葉の意味は我が国『日本製』ゲームやアニメーションの中に表現された性的(せいてき)な内容を含んだものを示し用いられる。

登場人物の裸体(らたい)、ヌードなどの描写や性行為(せいこうい)までには及ばないゲームやアニメ作品を示し、エッチ(えっち)『ecchi』と呼ばれている。また、性行為(せいこうい)を露骨に表現したものは変態(へんたい)『hentai』と呼ばれ認識されている。

 

 

 

▲Top